otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

英国 EU残留を問う国民投票実況 "ブレグジット"

|

8時13分 スペイン時間7時 英国のEU残留を問う国民投票実施のため、各投票所が開く。

     現在のところ世論調査は拮抗している。


8時18分 "B"デー始まる。 4000万の国民がEU残留か離脱化を決める。


8時15分 デビッド・キャメロン首相がツイッターで投票呼びかけ。


9時25分 スペインマドリード市場 IBEX35指数は0.6%上昇。


9時27分 ナイジェル・ファラージ独立党党首 ツイッターでブレグジットに投票呼びかけ。



9時43分 4600万以上の英国民がブレグジットに投票できる。 全国382の地域で投票開始。 イングランドでは3890万人、スコットランドで400万人、ウェールズで227万人、北アイルランドで126万人。


国民投票後の動き

6月23日 英国がEU残留か離脱かを問う国民投票開始 22時まで。

6月24日 ブレグジットが決定した場合、デビッド・キャメロン首相はEUにその結果を報告。 所属政党からその責任を追及され、辞職の可能性大。 欧州中央銀行とイングランド銀行は、ブレグジットによる影響を最小限に抑えるための施策を発動する可能性がある。

6月26日 ユンケル欧州委員会委員長が緊急会議を開き、イギリスのEU離脱に関する交渉を始める。

6月28日 欧州理事会開催 キャメロン首相の辞任の可能性もあるが、保守党の分裂のみでとどまることもある。 また、残留派が勝利した場合、難民受け入れに関する特別措置の適用の可能性がある。

6月29日 ブレグジットであれば、欧州理事会会議2日目。 キャメロン首相抜きで27のEU代表らが会議を行う。 50条によると、脱退には2年の猶予がある。

6月30日 2年の間、英国欧州議員は欧州議会に出席可能。 2017年EUの議長を脱退、エストニアに移る。


10時24分 ポデモス党パブロ・イグレシアス幹事長はブレグジットに反対。 しかし、EU内で加盟国各国の主権の拡大は必要と発言。


10時42分 英国当局が大雨洪水に注意喚起。



11時00分 デビッド・キャメロン首相妻のサマンサさんと投票に


11時10分 いくつかの投票所で行列


12時07分 ボリス・ジョンソンがツイッターでブレグジットを呼び掛け。



12時08分 ナイギェル・ファラージ独立党党首 ブレグジットに投票。


12時29分 最新世論調査 残留派52%。 IpsosMori調べ


13時27分 最新世論調査 残留派55% Populous調べ

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。