otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

インテリジェントなマシンとセンサー:デジタル業界の新しいパラダイム (テレフォニカ財団)

|

私たちが現在生きている時代における環境の変化やスピードに関して話すことは冗長なことかもしれません。 しかし、技術の進歩の浸透による、産業部門の経験は20世紀の工場の概念を根底から覆すでしょう。


今までのところ、インターネットは伝統的な生産プロセスのためのサポートを行ってきましたが、ビジネスモデルの活動と構造の変化をもたらしませんでした。


各企業はインターネットの利用法を電子通信、ウェブサイトの構築、ソーシャルネットワークを利用したマーケティングを行ってきました。 しかしすぐに我々は伝統的な工業プラントを認識することがなくなるでしょう。


現在の傾向は、製造プロセス技術操作および情報技術に統合することであり、言い換えれば、より高い効率、新しいサービス、デジタル世界とサイバー物理システムとして知られているもので物理的に参加し型破りな成長のためにも新たな機会が求められています。


テレフォニカ財団インターネット産業出版によると、センサー業界のインテリジェントマシンは、すぐに現在の製造業が次の舞台にステップアップすると発表しています。 


最初に言えることは、現在の破壊的な飛躍的技術向上として、2つのセンサーの組み合わせを利用するものです。 情報通信技術(ICT)及び物のインターネット(IOT)を利用し、製造技術のカスタマイズや、分析データ等をスマートマシンと連動することが出来ます。


このセンサーは工業でどのような役割を演じるのでしょうか? それは、センサーがリアルタイムで機械を調整したり、誤作動等の情報を検知することに役立ちます。 


ICTは地理的に分散した通信サービスを持つために、クラウドやワイヤレス通信を行い、IOTを利用したスマート工場の情報のビッグデータを分析します。


インテリジェントマシンは、製造セル、物流システム、あるいは工場全体として強調して動作するための指示を行うことが出来ます。


また、3Dプリンターのような新しい製造テクノロジーは、モノを自動的に生成し、膨大な「種類」の製品を少量ずつ生産することが可能になります。


ゼネラル・エレクトリック(GE)ガス・アンド・オイルのデジタルツールCEOブライアン・パーマーはインターネット産業に数十億ドルを投資する予定で、「これは真剣だ。 これは我々の未来だ。」と語った。


テレフォニカ財団

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。