otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

フェルナンデス・ディアス暫定内務大臣「私は被害者だ。」辞職の意思無し。

|

Fernandez diaz 3


スペイン暫定内務大臣で、再総選挙でバルセロナから国民党代表として立候補しているホルヘ・フェルナンデス・ディアスが、スペイン紙プブリコが報じた反汚職局との会話に関して、「私は被害者だ。」と語り、辞職の意思がないことを伝えた。


「世界は真逆だ。2年前の会話が、総選挙の4日前に漏洩した。 政敵を破壊する目的だ。」と語った。


22日11時頃、記者団の前に姿を表した大臣は、漏洩した会話の内容に関して「全ての会話の内容のうち、興味のある一部の部分だけを切り取られている。」「記録された会話が、総選挙4日前に漏洩したのは、明らかに政治的意図があり陰謀である。」と語った。


また、この会話の内容に関してマリアノ・ラホイ暫定首相は「知らなかった。」ことを大臣は保証、本日20時にラホイ暫定首相と会談する。


また、マリアノ・ラホイ暫定首相はラジオ「オンダ・セロ」に出演、2014年時点カタルーニャ州に反汚職局の支部があったことを知らず、局長がダニエル・デ・アルフォンソだったことも知らなかったと語った。


ソース

El ministro del Interior se siente una “víctima” de las filtraciones y no piensa dimitir

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。