otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン総選挙 “26J” 市民党アルベルト・リベラ党首PPとPSOEに総選挙後の会談呼びかけ

|

63807


エウロパプレスによると、21日、市民党アルベルト・リベラ党首が、スペイン再総選挙後の27日以降、条件なしで3者会談の開催を呼び掛けたことが分かった。


「現在の状況を打破するため、3つの党が会談の席に着くことを提案する。 サンチェス氏、ラホイ氏とその党員らを、6月27日に交渉をするために招待する。」と、アストゥーリアス州での選挙運動中に発表した。 ウニードス・ポデモス党は入っていない。


「我々は1分も待たない、条件なしで、議席無しで交渉の席に着くことが出来る。」「国民が心配しているテーマに関して話す。」と続けた。


「政権樹立が出来ると、変革のリーダー立てると、国王に対し返事をしなければならない。」と強調した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。