otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン総選挙 "26J" 国民党マニフェストの鍵20項目

|

1.個人所得税(IRPF)の最低税率19%を17%、最高税率45%を43%に減税。



2.無期限契約社員に対する社会保障費免除期間を4年間に延長。 最初の500ユーロに相当する社会保障費を4年間免除。



3.労働時間を18時までに推奨。 多くの子供がいる世帯の育児休暇の延長および、障碍者を持つ世帯の休暇を10日間延長。



4.電気代の政府への支払い分(peajes)を撤廃、エネルギー生産に対する税率を軽減、政府支援を受けていない再生可能エネルギー生産施設に対する税金の免除。



5.スペイン高速鉄道の若者への割引料金設定。



6.労働改革の実施。 ケインズ経済学をベースにしたオーストリア・モデルの導入により、企業と労働者が"一生失われることのない"失業保険基金の導入(労働者1人に対し、会社が給料の1.57%を積み立てていく基金)。 失業保険基金が退職時に黒字であれば、年金に組み込まれる。



7.中小企業の増加のため、国際化と、資本援助の簡略化の実施。



8.中小企業が成長し、その資本を投資した場合、最大で法人所得税10ポイント減税。



9.電気代を抑えるために、混合発電設備の観点から原子力発電所の発電を継続。 原子力廃棄物処理のコストを抑えるために、集中中間貯蔵施設の建設。 同時にクリーンエネルギーの促進。



10.各自治州の教育、医療など、市民生活のベースとなる社会保障サービスの安定化を向上させるための財政改革。



11.Sicav(オープンエンド型の投資信託)の最小人数を100人に設定。



12.投票数が一番多い政党が政権を樹立できるように選挙法の改革の実施。 選挙により、絶対過半数を得られなかった場合、決選投票の実施。



13.汚職撲滅のため、ロビー活動のルールを制定。



14.テロリスト行為に対する刑事罰の拡大。 ETA襲撃の未解決事件の特別検察局の設置。



15.軍部における、性犯罪に対抗するための新法策定、およびプロトコルの制定。



16.司法局の絶対的な独立性の確保、刑事法の変更、未成年犯罪者への取り扱い、強制立ち退きの法律の見直し。



17.公共事業契約法の見直しによる、公共事業の監視強化、および中央政府事務局公共機能法の発効により、汚職の撲滅を目指す。



18. 教育のための国家の規約



19.スペイン語で教育を受けさせることができる権利の保証。



20.経済成長法の作成、国立考古学博物館法の作成。 (文化関係の付加価値税減税には言及されていないが、雑誌、本などは4%に引き下げると謳っている。)

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。