otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

世界寿司デー スペインで紹介された寿司にまつわる7つの秘密

|

 1image

(写真 バルセロナ やしま)


6月18日は世界寿司デー スペインで寿司に関する7つの秘密が暴露されていたのでご紹介。


1."すし"という言葉はすべての材料を指さない

"すし"という言葉は、本当は酢、砂糖、塩で熟成させた米のことを指す。



2.19世紀のファストフード

アメリカの素晴らしいハンバーガーでもなく、イタリアのおいしいピザでもなく、1800年の流行は。。。すし!



3.お米はいつも主役ではなかった

変に聞こえるかもしれないが、この材料は魚を長期保存するためにだけ使われていた時期がある。



4.すしを食べる順番は味の薄い順

日本レストランに着いたらメニュー帳を広げて、バカみたいに注文するでしょう。 でもちょっと待って! すしを食べるならばまず味の薄い順から(白身魚、ピンク色の身の魚)、そして濃いすしで終わるのがよい。(赤身魚) そう、玉は最後にね。



5.醤油の使い方を忘れて(悪習を忘れて)

日本人は醤油の味のせいで、魚本来の味が失われると、(すしとして)何の意味もないと考えている。 すしの側面に、シャリに醤油がつかないよう細心の注意をしながらネタに少しつける。



6.男性だけがすしをつくれる?

伝統的に女性がすしを作ることは拒否されてきた。 しかし、これには科学的な根拠があり、女性は男性より平均的に体温が高く、これによりすしを握っているときにシャリの味が変わってしまうからだ。



7.すし大学が存在する

もしあなたが日本食の大ファンであれば、ここはあなたにとって最高の場所だろう。 板前大学(?)があり、卒業生は、見ただけで食材の品質と特性を見分けることができる。



醤油

Día Internacional del Sushi: 7 cosas que quizá no sabías del plato estrella japonés

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。