otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

2016年第一四半期 スペイン公的債務GDP比で100.5% 1兆950億ユーロで過去最高

|

Deuda 3


公的債務は、2015年の第4四半期から2.14%増加、GDP比で99.2%だった。 2015年第一四半期から4.1%増加。


公的債務のうち、中央政府の債務が大部分を占め9621億4700万ユーロ、一方自治政府の公的債務は2641億7400万ユーロ、市役所は350億8300万ユーロ、社会保障は171億8800万ユーロだった。


カタルーニャ州、バレンシア州、アンダルシア州、マドリード州の債務は全体の自治州の公的債務の3分の2を占めている。




また、バレンシア州の公的債務は同自治州のGDP比の41%と高く、次いでカスティリャ・デ・ラ・マンチャが35.4%、カタルーニャ州は35.1%。


反対に、カナリアス諸島の債務はGDP比で15.6%、バスク州は15.1%、マドリードが13.8%となった。


ソース

Récord de la deuda pública: escala al 100,5% del PIB

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。