otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン マリオ・コンデ元バネスト銀行頭取30万ユーロの保釈金

|

Mario conde


全国管区裁判所反汚職検察局サンティアゴ・ペドラス判事は、元バネスト銀行頭取(スペイン信用銀行)で、1300万ユーロをマネーロンダリングした疑いで収監されていたマリオ・コンデに対し、30万ユーロの保釈金を課した。


収監されていたマリオ・コンデは、すぐに保釈金を支払い保釈された。


マリオ・コンデは4月11日にグアルディア・シビル警察により息子と娘と共に逮捕されていた。


マリオ・コンデは、1994年に全国管区高等裁判所より有罪判決を受け、2002年には最高裁判所より刑期を2020年までに延長されている。 バネスト事件と呼ばれるこの事件は、1993年12月28日、スペイン中央銀行がバネストの取締役会にとって代わり、その時に27億ユーロに上る使途不明金が見つかっていた。


ソース

Fianza de 300.000 euros a Mario Conde para salir de la cárcel

スペイン マリオ・コンデを逮捕 資金洗浄に関与の疑い スイスから資金を送還か

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。