otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン総選挙”26J” 昨日の主要4党代表が出席した討論会1000万人以上が視聴 ”史上5番目の視聴率”

|

576048adaf7cc.r 1465927865065.0 245 3000 1791


6月26日に行われる予定の再総選挙に向け、6月13日22時より国民党、社会労働党、ウニードス・ポデモス党、市民党ら主要4会派の代表、マリアノ・ラホイ、ペドロ・サンチェス、パブロ・イグレシアス、アルベルト・リベラが出席した唯一の討論会の視聴率が57%で、1000万人以上が視聴したことが分かった。


全国民が注目する討論会は、アカデミア・デ・テレビシオンが主催、インターネット他、各局で放送された。


視聴率は57%で、約1005万人が視聴したことになる。


討論会はロイター、フランスプレス等国際メディアも注目していた


ソース

El Debate a cuatro reunió a más de 10 millones de espectadores

スペイン総選挙”26J” 国民党、社会労働党、ポデモス党、市民党代表ら4人が討論
スペイン総選挙”26J” 主要4党唯一の討論会 各代表の思惑 6月13日22時から2時間

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。