otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

欧州の人種のるつぼはスペインだった

|

Extranjeros espaa


ユーロサットの調べによると、2014年度、欧州連合の加盟国の中で最も外国人在住者が多いのはスペインだったことが分かった。


2014年、スペイン国内に在住していた外国人は205,880人で全体の人口の23%で一位。 次いでイタリアが129,900人で15%、英国は125,600人で14%、ドイツが110,600人で12%、フランスは105,600人の外国人が在住しており、全体の人口の12%が外国人。


スペイン国籍を取得した外国人の出身国上位3位は

モロッコ人 (16.9%)

エクアドル人 (15.9%)

コロンビア人 (12.2%)


スペイン国籍を取得した外国人のうち98%は欧州連合外、2%は欧州連合国からの移民。


人口で割ると、スペインでは千人に4.4人がスペイン国籍を取得しており、これは、ルクセンブルクの5.8人、アイルランド4.5人、スイス4.4人に次ぐ多さ。 


ソース

España es el país comunitario que más extranjeros nacionalizó en 2014

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。