otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

フォルクスワーゲン社 不正ソフトウェアエンジン搭載モデル“Tiguan”、”Caddy”の無償アップデート開始

|

Tiguan


フォルクスワーゲン社はスペイン国内で、NOx排出値を不正にコントロールするソフトウエアがインストールされたディーゼルエンジンTDI2リッターエンジンを搭載した”Tiguan”と”Caddy”モデルのソフトウエアを無償アップデートすると発表した。


フォルクスワーゲン社の発表によると、CC、Passat、Eosモデルに続き、TiguanとCaddyがスペインで無償アップデートが可能となるとのこと。


両モデルの修理は合計で110万台に上る模様。 同モデル所有者にはスペイン交通局より通知が送られる予定。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。