otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

840万人以上の子供達が危険な状況、もしくは奴隷状態で仕事をしている

|

Explotacion infantil


国際労働機関(OIT)によると、世界で4歳から15歳の子供たちのうち、1億6800万人の子供達が労働していると発表した。

また、そのうちの約半数は危険な仕事をしており、そのうち840万人の子供達が危険な状況、もしくは奴隷状態で仕事をしているとのこと。 


6月12日は世界子供労働反対デー。 OITの発表によると、子供達は、農業や手工業から建設業などに子供達が働いている。  また、彼らの多くは人身売買によって買われた子供達で、大人たちの借金を返済するために仕事を強要させられている。

子供の労働人口のうち、9980万人が男の子で6820人が女の子。 NGOセーブ・ザ・チルドレンによると、女の子らは小さい頃から仕事を始め、少ない給料のため自立できずに、半奴隷になりやすい。


ヨルダンでは、シリア難民の子供の半数が家族のために仕事をしており、ザ・アタリ難民キャンプでは、仕事をしている子供のうち4人に3人が仕事により健康に問題を抱えている。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。