otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペインポルノ王トルベ事件(ユニバーサル事件)でデ・ヘアとイケルの名前が浮上

|


Muniain Degea


スペインポルノ王”トルベ”が4月下旬に売春・恐喝・児童ポルノ・性的暴行・性的搾取・人身売買・マネーロンダリング等の容疑で逮捕され、捜査中保護された未成年者女性の証言から、マンチェスター・ユナイテッドのキーパーでスペイン人選手ダビッド・デ・ヘアと、アスレティック・ビルバオの選手イケル・ムニアインの名が出た。


”ユニバーサル事件”として捜査されており、女性の証言はマドリード地裁29番で捜査中の、ホームページを介して未成年者を含むスペイン人や外国人のポルノ映像を配信していた管理人”トルベ”(通称スペインのポルノ王)を巡る一連の事件に組み込まれる。


彼女は捜査官により保護されており、”TP3”と呼ばれている。 “TP3”の証言により、トルベとその共同経営者でウクライナ人のボリス・マリノフスキが逮捕拘束されており、捜査のうえで重要な人物とされている。


スペイン国家警察反人身売買当局は、”TP3”の証言を”信用度が高い(情報)”と評価、”経済的な理由でポルノに出演していなかった”と発表した。


2015年6月3日ムルシアで行われたTP3による証言によると、2012年のU-21代表戦が行われていた時、デ・ヘア選手とポルノ王トルベによりセッティングされたパーティーで、イケル選手とTP3、もう一人の女性と、同じく”怪我をしていた”U-21の選手が参加したとのこと。


TP3は、マドリードの5つ星ホテルのホテルのロフト・スイートに”トルベ”により連れていかれ、部屋にはイケル・ムニアインと別の選手、さらに女性がいたとのこと。 トルベはTP3に「サッカー選手の望むことをすべてするように。」「大金を貰える。」と語り、拒否する”TP3”の腕を強く引いて強要した。


証言をまとめた警察の報告書によると、「”TP3”同様もう一人の女性も身体的暴力を加えられ拒否していたにも拘らず、男性らに性的暴行をさせられた。  この2人の選手の性的欲望はこのようなものだった。 彼らは、その部屋で行われたことが外に漏れない様に暴力を振るった。 “TP3”ももう一人の女性も金銭のやり取りは無く、暴力と性的暴力を与えられた。 そのすべての利益はトルベが受け取った。」と書かれているとのこと。


その後、”TP3”は携帯メッセージアプリ”ワッツアップ”を利用しデ・ヘア選手と接触、ホテルにいたもう一人の怪我をした選手は誰だったかを問いただした。


これに対しデ・ヘア選手は「イケル選手と一緒にサッカーをしている選手。」とだけ答え、名前は言わなかった。


デ・ヘア選手と”TP3”とのワッツアップによるメッセージの交換はその後も続き、ある日デ・ヘア選手含む5人の選手と会うことが出来ないかどうか持ち掛けられた。 (このパーティーが行われたという証拠はない。)


警察が盗聴した電話の内容によると、身元不明の人物がトルベに対し、アスレティック・ビルバオの選手とコンタクトがあったかと質問し、彼は「女性2人と一緒に居た。」と答えていたとのこと。


ユニバーサル事件ではこの他に、警察当局より保護されている未成年者TP2の証言も明らかにしており、この17歳の女性は2015年11月4日に性的暴力をトルベにより受けたと証言。


パブで知り合ったトルベに金銭と引き換えにホームページにポルノ映像を出さないかと誘いを受け、その後金銭は払われることなく、彼女の知人などにヌード画像等を見せると脅されていた。


“TP2”は、トルベにより2度にわたり麻薬を摂取させられ、暴行を受けたと証言。 証言によると、撮影されたビデオをその日すぐにデ・ヘア選手を含むアスレティック・ビルバオの選手に送り、売春を斡旋したとのこと。 彼女は、麻薬などは常習しないが、当時大麻やMDMAを摂取したと語っている。


現在のところ、警察当局も裁判判事も証言に出てきた選手らを訴えてはいないが、6月16日に何らかの捜査を行うとのこと。


エルムンド紙はデ・ヘア選手、イケル選手、トルベの三人が2011年にツイッターで連絡を取っていた画像を公表した。


ソース

Muniain y De Gea, implicados en un caso de prostitución de menores

スペインポルノ王”トルベ”未成年と性交、人身売買、マネーロンダリングの疑いで逮捕、拘束

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。