otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン総選挙”26J” PSOE組織幹事「イグレシアスは頑固な道化師で権力に固執している。」

|

Cesar luena


スペイン社会労働党(PSOE)セサル・ルエナ組織幹事は、8日、ポデモス党のパブロ・イグレシアス幹事長に対し、「興味があることにより発言内容を変える道化師。」と語った。


ウニードス・ポデモス党との総選挙後の連立合意の可能性に関して、「実体の無い物と連立を組むのは非常に難しい。」と語った。


「周知のとおり、ラホイは不動主義、汚職だ。 しかし、イグレシアスさんに関しては、信用できない政治思想を持っている。」と発言。


最新の世論調査で、左翼連合とポデモス党の合同会派”ウニードス・ポデモス党”が、支持率に置いてスペイン社会労働党(PSOE)を上回ったことに関して、「彼らは地方のプラットフォームや、地方政党、左翼連合等を吸収合併することに精を出しているだけだ。」と指摘。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。