otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

前回の総選挙運動中首相の顔面を殴った少年に2年の少年刑務所1年の保護観察

|

Rajoy agresion pontevedra


昨年の総選挙の選挙運動のため、ポンテペドラ県を訪れていた与党国民党マリアノ・ラホイ首相の顔面を殴った少年に、2年間の少年院収監と、1年の保護観察処分が言い渡された。


ガリシア州高等裁判所が公表したところによると、5月12日に検察官と少年の弁護士の間で合意に至ったとのこと。


事件が起こったのは、2015年12月16日、ポンテペドラ県を選挙運動のため訪れていたマリアノ・ラホイ首相の顔面を、17歳の少年が殴っていた。


これに対しマリアノ・ラホイは少年に対し訴えを起こしていなかった。


検察側は少年に対し3年の実刑を求刑していたが、弁護側は既に事件から6か月間少年院に収監されており、反省しているとのことで、減刑を求めていた。


ソース

Tres años de internamiento para el menor que agredió a Rajoy en Pontevedra

スペイン ラホイ首相 顔面を殴った未成年者を訴えない

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。