otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

メッシ裁判4日目最終日 脱税は父親が主導 検察はメッシを嫌疑から外す

|

2007年から2009年の3年間にわたって肖像権料を脱税していたとみられるFCバルセロナのリオネル・メッシ選手とその父親の公判が4日目を迎えた。


親子を唯一告訴した中央政府弁護団(La Abogacía del Estado)は、リオネル氏の「契約内容のことは一切知らない。」という発言に対し、「信用度ゼロ。」と発言。 「税務問題や法律は、深く見てみても、10歳の子供でも理解できる。 メッシはこれを問題なく理解できるはずだ。」「もしメッシが公証人事務所で読んでも理解できなければ、公証人は説明するだろう。」と指摘。


4日の公判で、ラケル・アマド検察官は、一連の脱税に関してリオネル氏の嫌疑を取り下げ、代わりに父親のホルヘ・オラシオ・メッシに責任があると指摘。「(リオネル氏に脱税を)誰も説明をしたという証拠がない。」「脱税が行われたのは父親の決定によるもの。」と発言。


しかし、「弁護士事務所からの指摘により、父親に対してはその責任を逃れることは出来ない。」とし、ホルヘ・オラシオ・メッシに対して1年半の懲役を求刑した。(中央政府弁護団は22か月を求刑していた。)


ソース

La Fiscalía exculpa a Messi y concluye que el fraude se cometió "por decisión" del padre

メッシ裁判「サッカーに専念していた。」
リオネル・メッシ出廷 裁判3日目
メッシ裁判2日目 弁護士事務所がメッシ選手の関与を否定
FCバルセロナ レオ・メッシ公判 今日から
バルサ FCバルセロナのリオネル・メッシ選手と父親の公判が31日から始まる
リオネル・アンドレス・メッシ選手の公判日が決定 5月31日、6月1日、2日、3日
スペイン バルサ メッシに脱税の嫌疑をかけるように要求した政府の弁護士は元レアル・マドリ-ドの幹部で、元国民党会計係アルバロ・ラプエルタの姪だったことが明らかに。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。