otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カスティリャ・デ・ラ・マンチャ セセニャ不法投棄タイヤ明日明後日中に鎮火

|

カスティリャ・デ・ラ・マンチャ州セセニャ自治体にある欧州最大規模のタイヤ不法投棄場で5月13日から出火、近隣住民が避難していた大規模火災が、6月1日もしくは2日にようやく鎮火のめどが立ったことが、エウロパプレスの報道により分かった。



カスティリャ・デ・ラ・マンチャ州政府ガルシア・ペイジ州首相は、地元ラジオ”カデナ・セル”に出演、消防隊員の戦略的な消火作業を評価、「多くの大学が研究することが出来る。」と語った。



また、出火当時、官公庁でタイヤの処分方法が決まる直前に起こった火災に関し、残念に思うと語った。


ソース

El incendio de Seseña estará extinguido antes del miércoles



セセニャ古タイヤ廃棄場火災 リサイクルタイヤ業界の戦争に巻き込まれたセセニャ
セセニャ タイヤ廃棄場火災 消火に1週間半から2週間と予想

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。