otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

レアル・マドリードのペーニャ(公認ファンクラブ)がイラクで再度襲撃 フロレンティーノ・ペレスが公表

|

レアル・マドリ-ドのフロレンティーノ・ペレス会長は、29日日曜日、イラクのバアコウバ(Baakouba)でテロリストによるレアル・マドリ-ドのペーニャ(公認ファンクラブ)に対する襲撃があり、少なくとも13人が死亡、22人が怪我をした発表した。



会長は、マドリード市庁舎に選手らと共に招待され、その会見のなかで「この11個目のユーロカップは、彼らの家族のためのものだ。 ただ、あなた方に伝えたいことがある。 残念ながら、ジハード主義者らは再度、我々のファンを襲撃した。 昨晩、バグダット近郊(北に50キロ地点)のバアコウバで、決勝が行われているあいだ、レアル・マドリ-ドファンはテロリストらの手にかかってしまった。 最初に入ってきた情報では、12人がしぼうし、多くが怪我をした。」と発表した。



イラクでは、2週間前もレアル・マドリ-ドのペーニャがテロリスト組織により襲撃を受けていた。


ソース

Florentino Pérez confirma un nuevo ataque con víctimas a una peña madridista en Irak

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。