otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン人 ニートの現状

|

Ninis



スペイン労働力調査(EPA)によると、15歳から29歳で、仕事をせず、勉強もしていない割合が一番高いのがカナリアス諸島で24.2%であることが分かった。



次いで、アンダルシア州が24.1%、エクストレマドゥラ州が23.3%、ムルシア州が22.5%、カスティリャ・デ・ラ・マンチャ州が22.4%となった。 スペインの平均値は19.4%。



データは、一週間仕事が無く、1か月間何らかの学業に行かなかった人が対象。



セウタ自治都市と、メリリャ自治都市は34.4%がニート。



反対に最も低かったのがナバラ州12.3%、バスク州12.8%、カンタブリア州14.7%。 欧州の平均値は14.8%。



次いで、カスティーリャ・イ・レオンが15.4%、マドリード16%、ガリシア16.4%、アラゴン州16.6%、リオハ州17.6%、アストゥーリアス州17.8%、カタルーニャ州18.4%、バレンシア州18.6%、バレアレス諸島19.6%。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。