otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン人は2015年に319憶9400ユーロを外食で消費した

|

スペイン農業・食料・環境省が発表したところによると、スペイン人は2015年度、外食で消費した金額が319億9400万ユーロとなり、2014年と比べて1.2%増加したことが分かった。



2015年外食した人数(回数)が66億180万人(回)で、一度の消費量は4.85ユーロ。



外食での「冷たい飲み物」の消費額は、92億5675万ユーロ。 20億5114万リットル。 47億109万人(回)が消費。



全体の「冷たい飲み物」消費量のうち、74%は家で消費されているにもかかわらず、消費額は33.6%



”店で飲む”「冷たい飲み物」は全体の消費量の26%で、全体消費額の66.4%を占めている。



食料事情について、「家庭内で消費する」食費は670億4300万ユーロ、一人当たり1,502.9ユーロで、656.7キロを消費。 全体の消費量のうち、41.3%が生鮮食品。



食品別にみると、ナッツ類が2014年と比べて2%増加の他、パスタ(1.5%)乳製品(1%)等は増加した。 卵、フルーツ、ジャガイモ、肉、牛乳、食用油などは低下した。



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。