otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルセロナ 強制立ち退き抗議運動 土曜日17時から 日曜日12時から

|

Be 1


5月23日月曜日、”5年間放置されていた”元カイシャ・カタルーニャのオフィスを不法占拠していたオクパ(スクワット)を強制排除したことから、大規模な抗議活動が続いているバルセロナで、28日土曜日17時から、29日日曜日は12時から抗議活動を行うことが分かった。



“Banc Expropiat”(カタルーニャ語で「銀行のものだった」の意)グループは、28日、11時からレボルシオン広場にて無料カタルーニャ語口座等のワークショップを実施、その後17時より、強制立ち退き抗議運動を行う。



また、29日12時からも同じくウルキナオナ広場で抗議活動を行う予定。



これに対し、カタルーニャ州モススダエスクアドロ警察は、警戒を強めており、多くの武装警官が出動する予定で、現在まで多くのゴミコンテナーが破壊されたことから、対象となる地区のゴミコンテナーを全て避難させた。



対する”Banc Expropiat”のグループは、抗議は暴力的なものはないと発表しつつも、強制立ち退きさせられた元カイシャ・カタルーニャのオフィスを”取り戻す”まで、抗議活動を続行するとしている。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。