otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン総選挙”26J” アルベルト・リベラ党首「スペインを更生する党と連立する。 ポデモス党の人民主義は受け入れられない。」

|

Fotonoticia 20160527202844 1280


市民党のアルベルト・リベラ党首は、27日、カタルーニャ州南部シッチェスで行われている、起業家や政治家が出席する第32回経済圏会議に出席、「(市民党は)スペインを更生する党と連立する。 ポデモス党の人民主義派受け入れられない。」と語った。



6月26日に行われる予定のスペイン再総選挙を控え、アルベルト・リベラ党首は「もし(スペインが)新しくならなかったら気を付けるべきだ。 なぜなら、人民主義(の時代)が訪れるからだ。 かの、米国のトランプや、ギリシャのチプラスのように。」



リベラ党首はまた、1978年からスペインの民主主義を支えてきた「古い」政党らを評価しつつも、今こそそれらを越え、新しく生まれかわるべきだと指摘した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。