otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルセロナ グラシア地区強制立ち退き抗議行動25日も行う予定 3日目

|

23日からグラシア地区で起きている、強制立ち退き抗議運動は、3日目となる25日も行われる予定。



トラベッセラ・デ・グラシア(Travessera de Gràcia)にある放棄された元カタルーニャカイシャの支店を5年間の間不法占拠していた市民らを、強制立ち退きしたことに抗議したこの運動は、1日目の夜には12台のゴミコンテナー破壊、清掃車の炎上、乗用車をひっくり返し、多くのバイクを転倒、燃やしていた。



2日目の昨日も再度、同建物に侵入しようと試みたため、警察は外側のドアを含むガラス面すべてを金属の板で封鎖した。


抗議活動のツイッターでは、本日25日夜の21時からレボルシオン広場に集まる様呼びかけている。



バルセロナ グラシア地区強制立ち退き抗議デモ2日目
バルセロナ・グラシア地区でデモ行進・暴動 16人が怪我1人逮捕 強制立ち退きに抗議

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。