otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 不正を暴く代わりに金銭を脅し取っていたとみられるマノス・リンピアスの取引銀行”アウスバンク”が過去10年間に3890万ユーロを受け取っていたことが明らかに

|

スペインで不正を暴く代わりに金銭を騙し取っていたとみられる公務員労働組合”マノス・リンピアス”の取引銀行”アウスバンク”が、過去10年間に3890万ユーロを複数の組織から受け取っていたことが、国家警察の調べにより分かった。



エウロパプレスが得た情報によると、アウスバンク・エンプレサスは37,033,138ユーロ、アウスバンク・コンスーモが1,939,297ユーロを受け取っていた。



調べでは、英国、米国、コロンビア、ベネズエラなどのマスメディアを利用し、不正を暴かない代わりに、金銭を受け取っていた疑いがある。



警察当局は、ルイス・ピネダが頭取を務めるアウスバンクが、政府からの助成金を530万ユーロ以上受け取っていたと公表している。


ソース

Ausbanc recaudó 38 millones de euros de los bancos en una década



スペイン マノス・リンピアスとアウスバンクの代表らの銀行口座、不動産等凍結

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。