otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン人女性記者 サルード・エルナンデス女史がコロンビアで行方不明

|



スペイン人女性記者サルード・エルナンデス女史が、コロンビアのカタトゥンボ地区にあるコカを栽培している農場を調査中、行方不明になったことが分かった。


エルナンデス女史が働いていたコロンビア現地紙エル・ティエンポが報じたところによると、5月18日にエル・タラ(El Tarra)市に到着、土曜日から消息を絶ったとのこと。


これを受けコロンビアのフアン・マヌエル・サントス大統領は、自身の公式ツイッターで、行方不明となった女性ジャーナリストの捜索を武装警察に命令「彼女の発見が第一目標だ。」と発表。


また、エル・タラのホセ・デ・ディオス・トロ市長によると、彼女を最後に目撃したのは、土曜日21日のお昼と証言。


現地メディアは、国民解放軍(ELN)による誘拐ではないかと報道しているが、当局は公式発表を今のところしていない。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。