otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン スペイン経済一週間を振り返って (5月16日~20日)

|

  • ブリュッセル スペインの財政赤字目標未達成に対する罰則決定を7月まで延期

欧州委員会は2015年度の財政赤字目標未達成に対する罰則を科す決定を7月まで延期した。 罰金はGDPの0.2%分で20億ユーロ。



  • バンキア銀行19万人の株主に12億ユーロ払い戻し。

バンキアは2011年に同社の株を購入した19万人の株主に対し合計12億ユーロを払い戻した。




  • マドリード市北部大規模再開発プロジェクト”Madrid Puerta Norte”「実現しない。」「再度熟考するよう。」

マドリード市カルメナ市長が提出した市北部の大規模再開発プロジェクト”Madrid Puerta Norte”(マドリード北玄関)に対し、マドリード州政府シフエンテ首相、BBVAサン・ホセ、アナ・パストール勧業大臣は、「実現性が低い。」とし、カルメナ市長に対し「熟考するよう。」求めた。





  • モビスター データ通信超過料を自動的に徴収

モビスターは5月18日から、契約しているデータ通信量を超過した場合、データ通信速度を下げることなく、超過料分を徴収する。 知らずに使い続けると、多額の料金が請求される恐れがあるので、このオプションを外したい場合は、モビスターに連絡する必要がある。




  • 砂漠のAVEコンソーシアム顧問が辞職

メッカと第二の聖地メディナ間を結ぶスペイン高速鉄道(AVE)の建設を進めているコンソーシアムの顧問サンティアゴ・ルイスが辞職届を提出。 また、サウジアラビアからの支払い遅延に関して、なるべく早く支払うと発表。 さらに14か月の工期延期を承認。




  • ブルファウ「石油輸出国機構のようなカルテルは無くなった方が良い。」

レプソルのアントニオ・ブルファウ社長は石油輸出国機構の様な価格カルテルが亡くなった方が、石油産業にとって需要と供給のバランスが保てると語った。




  • スペイン政府 年金を支払うために増税は必要ない

金曜日の閣僚会議後、記者会見を開いたソラヤ・サエス副首相兼報道官は、被雇用者が増えたため、年金の支払いのために増税をする必要はないと答えた。




  • 公的債務の割合が100%を超える

3月の公的債務が140億3100万ユーロとなり、合計で1兆950億ユーロでGDP比で約101%となった。



  • 20日からタバコのパッケージの健康被害警告文が拡大

2014年欧州員会の決定により、5月20日からタバコのパッケージに印刷される健康被害警告文が以前の40%から65%に拡大され、写真や文書も若干変更される。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。