otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カルメナ市長「アダ・コラウが来ないなら、私も行かない。」 国王杯決勝

|

マドリード市のマヌエラ・カルメナ市長は現地テレビ局ラ・セクスタのエル・インテルメディオに出演、インタビューの中で、バルセロナ市のアダ・コラウ市長が国王杯決勝に来ないため、自身も行かない旨を示した。


問題となっている国王杯決勝は、22日日曜日にマドリードのビセンテ・カルデロンスタジアムで行われる予定で、マドリード州政府代表(PP)がスタジアムに政治色の強い旗の持ち込みを禁止していた。 カタルーニャ州独立の旗とされているエステラーダ旗(アスタラーダ旗)は、同州では独立の象徴で、去年FCバルセロナ本拠地カンプ・ノウスタジアムで多くのファンが掲げ、裁判になっていた。


インタビューの中で、カルメナ市長は「今回の件は非常に残念だ。 マドリードは全ての人に開かれているはずなのにこのようなイメージを植え付けてしまった。 政府代表の決定は間違っていると思う。」


「アダ(アダ・コラウ市長)と試合をみにいく予定だった。 あまりサッカーは見ないほうだけれども、アダと約束していた。 彼女が来ないと言っているなら、私は行かない。」


その後、セビリア市長に連絡を取り、一緒に行かないかと誘っており、試合観戦をする予定とのこと。



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。