otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャ PPカタルーニャ「誰も傷つけないならば、ファンがエステラーダ旗を持って行っても悪くない。」

|

カタルーニャ州政府国民党党首ハビエル・ガルシア・アルビオルは18日、マドリード州政府代表(PP)が国王杯決勝に、カタルーニャ州の独立の象徴とされる旗「エステラーダ旗」を持って試合会場に入ることを禁止したことを受け、「誰も傷つけないのであれば、ファンが持って入っても悪くないと思う。」と語ったことが分かった。


記者会見でアルビオル党首は、「私は、エステラーダ旗は好きではない。 それは、独裁政権のように憲法に違反しているからだ。 ただ、試合に持って行くことを禁止するほどではない。」と語った。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。