otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

2014年 スペインで一番人気の男の子の名前はHugo(ウーゴ) 女の子はLucía(ルシア)(INE調べ)

|


スペイン国立統計局(INE)が発表したところによると、2014年、申請時につけられた名前で一番多かったのが男の子でウーゴ(HUGO)、女の子がルシア(LUCÍA)だったことが分かった。


2014年、スペインでは220,239人の男の子がうまれた。 登録された名前のTOP5は

Hugo(ウーゴ)

Daniel(ダニエル)

Pablo(パブロ)

Alejandro(アレハンデロ)

Álvaro(アルバロ)


また、同年206,064人の女の子がうまれ、TOP5は

Lucía (ルシア)

Maria (マリア)

Martina (マルティナ)

Paula (パウラ)

Daniela(ダニエラ)


しかしながら、現在スペインで「マリア」の名前がついている女性は1000人に26人の割合で、平均年齢が48.9歳、ムルシアやバダホスに多いのに対して、「ルシア」は1000人に8人の割合で、平均年齢22.6歳となっている。


また、新生児一位「ウーゴ」の名前は1000人に2.8人で平均年齢は9歳、更に64,375人しかいないが、ダニエルは1000人に12.56人で平均年齢25.6人。


その他、「ネイマール」君は101人、「ジャスティン」君317人。


苗字に関しては「ガルシア」(Garía)が140万人(1000人に31.6人)存在し一位。 その後「ゴンサレス」(González)927,393人、「ロドリゲス」(Rodríguez)が926,148人、「フェルナンデス」(Fernández)919,724人、「ロペス」(López)872,744人




コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。