otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

欧州委員会 スペイン財政赤字目標非達成の罰則決定を7月まで延期

|



欧州委員会は18日、2015年度のスペイン財政赤字目標(4.2%)の不履行について罰則を決定するのを、今年の7月、スペイン総選挙後に行うと発表した。


欧州委員会は18日、スペインとポルトガルの2015年度における財政赤字目標未達成について、罰則を科すかどうかの会議を行った。 欧州委員会経済金融総務のピエレ・モスコビッチは「会議中、財政赤字目標の罰則に関して一歩踏み込んだ思惑が多く存在した。 我々は、現在、経済的にも、政治的にも、決定するには適切な時期ではないと決定した。」と語った。


もし、罰則が決定すれば、GDPの0.2%、約20億ユーロの罰金を支払わなければならない。


2015年のスペイン財政赤字目標は4.2%であったが、結局5%となり、目標を達成できなかった。


また、欧州委員会はスペインに対し新たな目標値を設定。 2016年は3.7%、2017年は2.5%と設定、結果的に1年間の猶予を与えられたことになる。 しかしながら、現在のスペイン暫定政府は、今年は3.6%、2017年は2.9%と予想している。


モスコビッチは「1年の猶予を与える。 1年だけだ。つまり、(財政赤字目標達成のためにスペインは)もっと努力しなければならない。」


ソース

Bruselas decidirá después de la elecciones si multa a España por el exceso de déficit

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。