otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

6歳未満の子供40人がエンテロウィルスに罹患 9人が集中治療室(カタルーニャ)

|

カタルーニャ州公衆衛生局長アントニ・コミンは、現地テレビTV3のインタビューで、カタルーニャ州内で6歳未満の子供40人がエンテロウィルスに罹患、そのうち9人が現在集中治療室で治療を受けていると発表した。


コミンは、インタビューの中で、エンテロウィルスの中でも症状が重くなる可能性のあるエンテロウィルスD68(エンテロウィルスD型)に感染しているのは1人のみであると公表。


現在バイ・デ・ヘブロン病院を中心に患者の病状の経過を見守るとのこと。 また、コミンは親たちに混乱しない様、落ち着いて対処、外から帰ったら手洗いうがいなど、手足を清潔に保つよう呼びかけた。


症状(wikipediaより

感染しても何の症状もない人が多い。症状が出る場合、かぜ症候群やインフルエンザ様症状を起こすこともある。子どもの夏カゼの代表としてよく知られる手足口病、ヘルパンギーナを起こす。

新生児が感染(希に子宮内で感染)した場合、希に重症化し無菌性髄膜炎、心筋心膜炎を発症し死亡例もある。 妊娠中の方は感染により早産の可能性があるため注意が必要(特に出産直前の2週間に感染するとリスクが高まる).



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。