otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

FCバルセロナ 検察局アドリアーノ・コレイアを646,000ユーロ脱税の容疑で起訴

|



カタルーニャプレスによると、スペイン検察局がFCバルセロナのアドリアーノ・コレイア選手を、646,000ユーロの脱税容疑で起訴したことが分かった。


起訴状は5月4日、リカルド・サンズ・ガデア検察官により、裁判所に提出された。 起訴状によると、同選手の肖像権使用料で得た利益を所得税として申告すべきところを、税務局に届け出なかったためとしている。


報道されたところによると、同選手は2007年8月1日にナイキ社と契約、2011年に合計63,304ユーロ受け取っていた。


その後、2001年に設立されたマデイラ諸島の会社”Chacun a Sa Place”に同選手の肖像権を譲渡、そして、2011年2月、セーシェル共和国の会社を買い取っている。


この会社を買い取る前、2010年6月20日に10年間の肖像権料を2,300,000ユーロで譲渡していた。


「このように、アドリアーノ・コレイア選手はポルトガル領の有利な税制措置を利用した。」検察官は語っている。


アドリアーノ・コレイアは2010年7月17年に、メンバーの一員として肖像権の譲渡に署名、最初のシーズンで435,000ユーロ、2014-2015シーズンは594,000ユーロの肖像権料だった。


同選手はFCバルセロナに対し、”Chacun a Sa Place”に肖像権を譲渡したため、この会社に肖像権料を支払わなければならないと伝えた。


2011年と2012年、アドリアーノ選手は肖像権を含めない所得税を申告、調査によると、2011年に189,419ユーロ、2012年に456,666ユーロを脱税したと税務局調査部は試算している。


ソース

La Fiscalía denuncia a Adriano por defraudar más de 646.000 euros a la Agencia Tributaria

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。