otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン ジカ熱 カタルーニャで小頭症の胎児を確認 ヨーロッパで2症例目、スペインでは初めて

|

カタルーニャ州保健局(ASPC)のジョアン・ギシュが発表したところによると、妊娠19週から20週目の胎児が小頭症に罹患していることを発見したと発表した。 スペインでは初めて、欧州では2症例目となった。


保健局によると、スペインでジカ熱とデング熱に感染している妊婦が小頭症の胎児の妊娠を確認したのは初めてと発表。


現在ジカ熱に(カタルーニャで)罹患しているのは39人、男性15人、女性24人。 また、ジカ熱に罹患している妊婦は4人いるとのこと。


保健局は市民に対し、「ジカ熱はヒトスジシマカ(mosquito tigre)が媒介するとみられており、カタルーニャには多くは生息していない。」と語り、冷静な対応を求め、「妊娠中の女性、もしくは妊娠を計画している人は、ジカ熱の流行している国に渡航しないように。」と発表。


ソース

Detectado el primer feto con microcefalia por el virus Zika en Catalunya

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。