otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ウエルバでサーカス団のカバが逃走 15分間に渡って街を練り歩く

|



(写真 YOUTUBE)


ヨーロッパプレスによると、5日、スペイン南部のセビリア郊外ウエルバ県のパロス・デ・ラ・フロンテーラでサーカス団が飼育していたカバが逃走、約15分間にわたって街を逃走していたことが分かった。


これに対し自治体の市長はサーカス団に対し動物らを厳重に管理するよう要請。 サーカス団は声明で「カバに餌を与える飼育係の隙をついて逃げ出した。 扉を開けっ放しにしたか、きちんと閉めていなかったのでは。」と答えている。


また、市長は「カバが逃げたのは事件の一片に過ぎない。 誰も注意や警報を鳴らすことなく、道で写真やビデオを撮影していた

ことも問題だ。」「サーカス団には厳重に注意するよう要請した。 市民は安心して外出してください。」と語った。




ソースContador

El Ayuntamiento de Palos (Huelva) pide al circo que extreme las precauciones tras escaparse un hipopótamo



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。