otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

マドリード蜂起の日 ペケーニョ・ニコラス再登場

|


1808年5月2日、スペイン人はフランス軍の占領に対しマドリードで蜂起、この記念日の日にソル広場でレセプションパーティーが開かれたが、このパーティーにあのペケーニョ・ニコラスが登場した。


パーティーには国民党のマリアノ・ラホイ党首や、市民党アルベルト・リベラ党首、シフエンテ州首相ほか、各会派の代表らが出席した。 パーティーは王立郵便局で行われたが、その裏口からペケーニョ・ニコラスが母親と共に登場、警備をしていたグアルディア・シビル警察に止められた。


しかしニコラスは招待状を受け取ったと食い下がり、何度も招待状を取り出していたとのこと。


ニコラスは「招待状は受け取っている。 プロトコル責任者を出せ。 僕が直接話す。」と語っていた。


シフエンテ州首相は「ニコラスは招待していない。」と発言している。




ソース

La Guardia Civil echa al ‘pequeño Nicolás’ de la fiesta de la Comunidad de Madrid

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。