otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルセロナのショッピングモール”ディアゴナル・マル” 映画館の入場料がスペインで一番高いことが明らかに

|



スペイン消費者団体(FACUA)によると、スペインの映画館入場料の平均が、平日で7ユーロ、週末・休日・祝日で7.27ユーロだったことが分かった。 平均で最も高かった街は、バルセロナ、グアラダハラ、マドリードだった。


今回の調査はスペイン国内142か所の映画館を対象に行われた。


ピーク時の週末等で最も入場料が高かったのが、バルセロナにあるショッピングモール”ディアゴナル・マル”で、10ユーロ。 一方最も安かったのはサンタンデール”Los Ángeles”映画館だった。


前回FACUAが調査した2014年時の週末の映画館平均入場料は7.22ユーロであったことから、料金は横ばいとの判断をしている。


県別に見た週末の平均入場料上位は

バルセロナ(9.38ユーロ)

グアダラハラ(8.90ユーロ)

マドリード(8.61ユーロ)

オビエド(8.55ユーロ)

ア・コルーニャ(8.50ユーロ)


反対に安価だったのが

メリリャ自治都市(5ユーロ)

グラナダ(5.50ユーロ)

ウエルバ(5.75ユーロ)

カディス(6.25ユーロ)

セゴビア(6.25ユーロ)

アルメリア(6ユーロ)


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。