otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルセロナ国民党 ユーロカップ用に巨大スクリーン設置の検討を議会に提出

|

(写真 アダ・コラウの市長就任式の際にジャウメ・プリメーロ広場に設置された巨大スクリーン)


カタルーニャプレスによると、27日、バルセロナ市議会国民党代表アルベルト・フェルアンンデスは、夏にフランスで開催されるユーロカップに出場するスペイン代表を応援するため、巨大スクリーンを設置する案件を議会に提出、4月29日に議論される予定ということが分かった。


アダ・コラウ市長は以前、市長任命式に巨大スクリーンを”ジャウメ一世広場”に設置したことがあり、1万2千ユーロの経費が掛かっていたとのこと。


スペイン代表を応援するための巨大スクリーンに関して、アダ・コラウ市長は「周辺住民の安静を妨害し、治安悪化を引き起こす。」として、設置を拒否している。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。