otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン組閣問題 マリアノ・ラホイ「サンチェスが政権樹立するよりも総選挙をしたほうがよい。」

|



マリアノ・ラホイ暫定首相は国王と会談。 その後記者会見を開き「スペイン社会労働党(PSOE)ペドロ・サンチェス幹事長が政権を樹立するよりも、総選挙を行った方が良い。」と語った。


記者会見の中でラホイは「国王フェリペ6世に、組閣をするための十分な協力を得ていない。」と語り、首相候補の辞退を表明したことが分かった。 「会談でそれだけを伝えた。」とのこと。


マリアノ・ラホイ暫定首相はまた、出戻り総選挙を行うことに関して「失敗」と感じていないとし、「明らかに、出戻り総選挙を行うことは最善の方法ではない。 誰も行いたくなかった。」と語りながらも、「このまま混沌とした政治が続けば、更に酷い状態になっただろう。」と語り、十分な協力を得られなかったペドロ・サンチェス幹事長を批判した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。