otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン組閣問題 市民党「プラド合意」及びPSOEの対案を拒否

|



国王と会談後、市民党(Cs)アルベルト・リベラ党首は記者会見を開き、コンプロミス党が提案した「プラド合意」及び、それに対するスペイン社会労働党(PSOE)の対案に対し、「拒否」の姿勢を示した。


会見の中でアルベルト・リベラ党首は「我々はスペインをバラバラにする人らとはいっしょになれない。」


「我々の幾つかの政策・公約は達成した。 いくつかは達成できなかった。 しかし、スペインは失敗を乗り越えるメカニズムが存在する。 スペインより、議席にしかこだわらない政治家がいた場合、停滞した状態から抜け出すメカニズムを我々は持っている。 いま、市民らは、それぞれの政党の政策を見直す時だ。」


「我々はコンプロミス党の提案した文書に参加しない。 スペインは強く、広く、十分な議員の協力を得ることが出来る政府が必要だ。」と語った。



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。