otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルセロナ ミネラルウォーター食中毒 ノロウィルスが原因か

|



カタルーニャ州保健局(ASPC)によると、ミネラルウォーター販売会社”Eden”のミネラルウォーターを飲んで4,136人が食中毒を起こした件で、その分析結果を発表、人間の排泄物による汚染であると発表したことが、カタルーニャプレスの発表により分かった。


保健局ジョアン・グイシュ幹事は、記者会見の中で、分析を行ったバルセロナ大学研究所とジローナ県にあるASPCの調査の結果、検査したミネラルウォーターの中にノロウィルスを発見したと発表した。


ジョアン・グイシュは会見で、4月18日以降新たな感染者はしていないと発表、現在までに4,136人が感染、バルセロナ及びタラゴナの381社が被害に遭ったとのこと。


バルセロナ大学ウイルス研究所所長アルベルト・ボッシュ氏は、食中毒の原因はノロウィルスの口径感染と判断。


ボッシュ氏とグイシュ氏は、どういった経緯で飲み水にノロウィルスが混入したか不明としながらも、人の排泄物と人の飲み水が混ざったと発表、ノロウィルスは人にしか感染しないため、100%人間が原因としている。


また、保健局は、「水源に既にノロウィルスが混入していた可能性は非常に低い」という見解を示し、ボトル詰めの段階でウイルスが混入した可能性があるとしている。


ボッシュ氏はまた、バルセロナ近郊にあるホスピタレット・デ・ジョブレガットにある同社の工場で検査が行われたにもかかわらず、結果は正常だったためカタルーニャ州内で何らかの罰金・罰則はないと発表。


ソース

El brote de gastroenteritis por agua lo causó una "contaminación fecal humana"

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。