otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ギンドス経済相 「出戻り総選挙に向かっている。」「結果は似たようなものになるだろう」

|



ヨーロッパプレスによると、アムステルダムで行われているユーロ圏経済・財政会議に出席しているルイス・デ・ギンドス・フラード経済・競争力兼産業・エネルギー・観光暫定大臣は、会議が始まる前にデイセルブルーム議長と会話し、その中で「(スペインは)出戻り総選挙に向かっている。」「結果は似たようなものになるだろう。」と語ったことが分かった。


スペインでは昨年の12月20日に総選挙が行われて以来、暫定政権が続いている。 出戻り総選挙を回避するためのタイムリミットが迫る中、4月12日、スペイン国王は4月25日と26日に議会会派代表らと会談を行い、首班候補を選ぶと発表。


しかし、この時「首班として十分な賛成票が得られる可能性がある候補を選ぶ。」と語っていることから、候補を”選ばない”(えらべない)という選択肢もある。 


この場合、国王はこの旨を下院議会パチロペス議長に通達、議長は議会を解散し、首班信任投票を行わずに出戻り総選挙に突入する可能性もある。 




コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。