otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

グラナダ市長辞任 セラージョ事件を受け

|



ヨーロッパプレスによると、18日、先週グアルディア・シビル警察に逮捕されたグラナダのホセ・トーレス・ウルタード市長が汚職事件「セラージョ事件」の責任を負い、辞任したことが分かった。


セラージョ事件は、都市開発を巡る汚職事件で、2006年子供用の公園として登録されていた場所に、建物が建設され、クラブやスケートリンク場、パーティー会場などが、用途地域の変更がなされずに建設されていった。 建設を請け負ったのはGarcía Arrabal社。 


更にパビリオン用の土地にレストラン2件を建設、その際に公共の街路樹2本を伐採している。


ソース

El alcalde y la edil de Urbanismo de Granada presentan su dimisión

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。