otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

マドリード 極左グループと極右グループが闘争 極左グループ5人を拘束

|

ヨーロッパプレスによると、16日、極右グループに対し極左グループが瓶や石などを投擲、公序良俗法違反で成人2二人、未成年者3人を拘束したことが分かった。


事件が起こったのは15日金曜日午後8時30分頃マドリードのアレキパ(Calle de Arequipa)通り。 ネオナチグループのソーシャルグループHogar Social Madridが、「スペイン人だけ」に食糧を配布していた時、それを見つけた極左グループの少年らが彼らに向かって瓶や石などを投げ始めた。 次第にエスカレートし、通行人や車の交通の妨げになるほどとなった。 


周辺を巡回していた警官が直ちに駆け付け、5人を拘束、成人の2人は事情聴取を受けており、未成年の3人は少年犯罪裁判所に送検された。


極右グループHogar social madrid は3月22日にマドリード市内のイスラム教の礼拝所に発煙筒を投擲していた


ソース

Cinco detenidos en una pelea entre miembros de Hogar Social y jóvenes de extrema izquierda

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。