otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

パルマ スペインと日本が新たなMAGIC(チャレンコフ望遠鏡)4基の建設協力に合意

|

(写真 ウィキペディア(夜霧でレーザーが見えている。))


ヨーロッパプレスによると、スペイン領カナリア諸島の一つラ・パルマ島に新たにMAGIC(チャレンコフ望遠鏡)を4基設置することに関して、日本とスペインが協力して建設にあたる合意書が東京で交わされたことが分かった。


合意はスペイン政府科学研究・イノベーションのカルメン・ベラ所長の元、科学技術・イノベーション推進特別委員会理事、文部科学委員会理事、医学博士、衆議院議員冨岡勉氏と、カナリア宇宙科学研究所ラファエル・レボロ所長の間で署名が行われた。


同島には1979年に作られたロケ・デ・ロス・ムチャチョス天文台が有名で、同タイプ(チャレンコフ望遠鏡タイプ)の望遠鏡は2004年に一基、2009年にもう一基(いずれも口径17メートル)建造されていた。


しかし、今回建設される予定の望遠鏡は口径が23メートルと、他の2基に比べて大型化している。 現在日本の研究者らが建設のための研究にあたっている。


また、スペインはこの建設に4千万ユーロの予算を計上している。


ソース

España y Japón acuerdan la instalación de cuatro nuevos telescopios en la isla de La Palma

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。