otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン汚職問題 グラナダ市長(PP)を書類送検

|


プレスデジタルによると13日、スペイン国家警察(Policia Nacional)所属財政経済犯罪体(UDEF)がスペイン南部のアンダルシア州にあるグラナダのホセ・トーレス・ウルタド(国民党議員)市長、同市開発機構イサベル・ニエト委員長他数名の経営者を、汚職の容疑で逮捕したことが分かった。


今回の一斉検挙は、直前まで秘密裏に行われていた模様で、市長の逮捕は自宅で行われたとのこと。 UDEFは本日未明からグラナダ市庁舎を初め、関連施設、住宅を家宅捜査、11時過ぎに市長を逮捕したとのこと。


アンダルシア州最高裁判所の発表によると、グラナダ市長を中心とした今回の汚職事件は「セラージョ事件」の一環で、セラージョのショッピングセンター建設、公園でのバル付きスケートリンク場建設、クラブハウス建設等で契約を行う見返りにわいろを受け取っていた可能背があるとヨーロッパプレスに伝えている。


ソース

Detenido el alcalde de Granada (PP) en una operación contra la corrupción urbanística


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。