otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャ独立問題 州政府議会「独立開始法案」可決

|

(写真 ヨーロッパプレス)


ヨーロッパプレスによると、4月7日に行われたカタルーニャ州政府議会で、反体制派人民統一候補(CUP)により提出された「独立開始法案」が可決されたことが分かった。


今回可決された法案は、2015年11月9日に行われた州議会で、憲法裁により憲法違反とのことから、無効とされた「独立開始法案」を再度可決した。 (9Nは、2014年11月9日に行われた「独立を問う非公式の住民投票」と、2015年11月9日に州議会で可決した(のちに憲法裁により無効とされた)「独立開始法案」を指す場合がある。 前者の場合はConsulta 9Nと表記される場合が多い)


再可決した独立開始法案は独立会派のジュンツ・パル・シィ党と反資本主義派・独立派の人民統一候補(CUP)の賛成71票対反対52票で可決した。


2つの独立賛成派会派はこの法案に関して合意した物の、他の法案に関しては対立している。


1つは、独立プロセスに対する全国管区裁判所の命令無視法案。 もう1つはモススダエスクアドロ州警察による、裁判官・裁判所命令執行機関の解除法案。


2つともCUPにより議会に提出され、ジュンツ・パル・シィ党の協力を得られず法案可決に至らなかった。


ソース

AV.- El Parlament aprueba la moción que reafirma la resolución anulada por el TC

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。