otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン ノース事件 クリスティーナ王女自宅のリフォーム設計者 「アイゾーン社に請求するように言われた。」

|


(写真 ヨーロッパプレス)


ヨーロッパプレスによると、バルセロナの高級住宅街にあるクリスティーナ王女と夫のイニャキ・ウルダンガリンの自宅のリフォームを担当した設計士が裁判所に証言者として出廷、請求書をアイゾーン社宛てにするように言われたことを証言したことが分かった。


設計士の名前はMarc Viader氏で、2人の自宅のリフォーム、及びオフィスの改装を請け負っていた。 公開された情報によると、アイゾーン社に請求されたのは合計で15,000ユーロに及ぶ。


アイゾーン社に請求した金額は2005年付の10,000ユーロと5,000ユーロとの2つに分かれていた。


イニャキ・ウルダンガリンとの関係について聞かれた設計士は「共通の友達がいた。 お互い共通点が多かった。」などと語った。


ソース

La Fiscalía de la Audiencia Nacional abre diligencias para investigar los papeles de Panamá

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。