otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 2014年度死亡数39万5千830人 循環器系疾患が1位 2位は癌 (INE調べ)

|

(写真 カタルーニャプレス)


スペイン国立統計局の調べによると、2014年の死亡数が39万5千830人で、2013年と比べて5,411人(1.4%)増えたことが分かった。


男性 201,571人

女性 194,259人


死因順位は

1位 循環器系疾患 117,393人 29.7%

2位 悪性新生物(がん) 110,278人 27.9%

3位 呼吸器系疾患 43,841人 11.1%

4位 神経、感覚器官疾患(アルツハイマー等) 23,394人 5.9%

5位 消化器系疾患 19,385人 4.9%


外的要因(交通事故、溺水、自殺等)での死因は全体の3.8%となる14,903人。


男性 9,388人

女性 5,515人


この内

1位 自殺 3,910人

2位 事故 2,749人

3位 溺水 2,370人


交通事故死亡者数は1,873人 (男子 1,429人 女性 444人)



自治州別に見た主な死因の割合 (単位は人で、10万人に何人か、という比率)Tasas brutas de mortalidad por 100.000 habitantes de las principalescausas de muerte según CCAA(*)



ソース

INE(PDF)

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。