otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 客室乗務員の24%が釣銭をわざと少なく渡していたことが明らかに (Jetcost調べ)

|

世界の航空便予約ポータルサイトJetCostによると、スペインの客室乗務員の24%が客への釣銭を騙し、年間平均約151ユーロを得ていたというアンケート結果を発表した。


Jetcostによると、ヨーロッパの客室乗務員による釣銭詐欺が多く、特にドイツ人は29%と高く、年間約524ユーロにも上ることもあるとのこと。


アンケート結果によると、全体の20%の客室乗務員がこのような行為を行ったことがあると答え、そのうち54%は、「他の通貨を混ぜる。」、40%は「客がお釣りを確認しない。」となった。


ヨーロッパプレスによると、これにより月37ユーロ、年間331.2ユーロを騙し取っていることになる。


このアンケートでは、89%がマニュアルに従っていないと答えたとのこと。


28%は、商品の在庫に関し嘘をついたことがある。

21%は、同僚と性的関係を持った。

14%は、飛行中に乗客と性的関係を持った。


ソース

El 24% de los TCP españoles admite haber engañado a los clientes al dar el cambio



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。