otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン組閣問題 ラホイ暫定首相 ポデモスとPSOEが合意に至らなければ再度大連立をめざす

|



プレスデジタルによると、マリアノ・ラホイ暫定首相は、スペインラジオ「オンダ・セロ」に出演、ポデモス党とスペイン社会労働党(PSOE)が連立合意に至らなければ、再度シウダダノス党を含む国民党とPSOEの大連立を計画していることが分かった。


ラジオで「もし、PSOEがポデモスと政権を樹立するならば、国民党の居場所はない」と語った。 


マリアノ・ラホイ暫定首相は、PSOEがPPとの政権樹立を拒否していることは分かっているとしながらも、両政党とも出戻り総選挙の回避は共通の議題であると指摘。


「と言うわけで、残る選択肢は1つだけ。 初日から公言しているように、総選挙の結果を尊重しなければならず、多数の支持を得た私が政権を樹立する。」「4月には組閣できる見通しだ。」と語った。


ソース

Rajoy volverá a intentarlo con Sánchez si no consigue pactar con Podemos

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。